脇の臭いが気になるなら脇汗を止めるケア

MENU

気になる腋の臭い

脇汗臭い

梅雨、夏と言えば特に腋の下に汗をかきます。汗をかくだけならば良いですが、臭いが特に気になります。気を使うのは、電車に乗ってつり革に掴まっているとき。満員電車で腋の下辺りに女性がいると、腋の下の汗臭い臭いが漂っているのではないかと気になったり、シャツの汗じみも気になります。頭や顔に汗をかかなくとも腋の下辺りに集中して汗をかくので不思議でなりません。

 

不思議だからと言ってそのままに何もしないのはナンセンスなので、ケアはします。まず、朝シャンは鉄則です。夜ももちろんシャワーを浴びます。全身を洗いながら腋の下の部分を念入りに丁寧に洗います。そして、シャワーを強めにして洗い流します。シャワーが終了したら、腋の下の部分をロールタイプの制汗剤で塗ります。あまりに塗りすぎると肌がヒリヒリするので注意が必要です。何事も適量が一番です。

 

乾いたら、腋の下の部分にバンや、資生堂のエージーデオなどをさっとかけます。かなり、ひんやりして気持ち良いですね。このようなケアを行います。あとは、通勤中や、仕事中などなにか焦ったり急いでいるときに腋の下に汗をかきやすいので、落ち着いて仕事をしたり、家を早めに出たり、段取りをしっかりして仕事に望むなど工夫をしています。

 

ワキガにお金がかかることはない

脇汗

ワキガ対策のた目のグッズというのは、色々と販売されていますし、それは効果がしっかりとあります。但し、それはなかなか難しいことでもあります。要するに費用がかかるからです。ずっと効くものなんて存在しないわけですから、原則としてはまずは自分でどうにかした方が良いです。それが出来れば苦労はない、と思うかもしれませんが、出来ることはいくつもあります。その方法として拭くことがあります。拭くことによって、臭いがかなり緩和できるようになります。

 

具体的にいいますとこれは汗が拭けるからでもありますが、もう一つは雑菌を消すことができるからです。これが大きな利点であり、ワキガに効果があるというのはほぼ確実です。少なくとも無意味である、ということはないです。ですから、まずはしっかりと腋を拭くようにすることです。それだけでも相当にワキガ対策とすることができます。更に言うのであれば、食生活なども見直したほうが良いです。体に良い物を食べるとよいことがわかっています。煙草は最悪ですからこれは注意したほうがよいでしょう。すぐに止めることは難しいでしょうが頑張ってみる価値はあります。そうすればワキガの臭いを抑えることができます。

 

街中のワキガさん

脇汗

私はワキガではないと自分で思っています。
というのも、友人とお互いもしワキガだと思ったら言い合おうね!と10年程前から約束しているからです。まぁつまりこんな冗談を言えるくらいにはワキガではないと自負しているわけです。
さて、街中にはたくさんのワキガさんが溢れています。電車に乗っていたら隣の席に、人によっては遠くに立っているのに同じ車両にいるだけで強烈な匂いを感じたりする人もいます。

 

もちろんモラルとしてはワキガの人がいたからって差別をしてはいけません。
ある友人は手術すれば治る、改善するものなのだから何もしないのは本人の怠けだ、なんて言っていましたが、私はそうは思いません。やはりワキガというのはその人の体質であり生まれつきのものです。手術も失敗したらさらに匂いを悪化させるなんて話も聞きます。
しかし、楽しみにしていた食事会でワキガの方がいたらどうでしょう。

 

これは私の体験談なのですが、大学時代ある大きな課題が終了した打ち上げに、学生にとってかなり背伸びしたフランス料理のお店で食事会をしました。
本当に大変な課題だったので、その食事会を心の糧に約1ヶ月過ごしていた為、期待値はかなり上がっていました。

 

しかし、席に着いた瞬間からワキガの匂いが漂っていたのです。そして私はすぐに犯人を探し、近くの席に座っているオタクっぽい見た目の男の方と分かりました。そして一緒に来ていた友人も匂いに参っていたので、聞こえないようにですが2人で早く帰ってくれ、なんて悪口を言っていました。本当に性格が悪いとは思います。しかし、ワキガの匂いというのはそういったモラルを超えてくるのです。

 

お料理はもちろん美味しかったのですが、何一つ楽しむことは出来ませんでした。運ばれるたびに強烈な匂いが鼻に残ってしまい、そちらのインパクトが強すぎたのです。
しかししばらくすると、そのお客さんは私達より先に退店してくれました。

 

これでやっと美味しく食べられるねぇ、なんて話していたらまた料理が運ばれてきました。
しかし、まだワキガの匂いがするのです。あのお客さんは帰ったのにどうして?
そう、私達は大きな勘違いをしていました。

 

ワキガだったのは私達のテーブルの担当の従業員の方だったのです。

 

その後私達は全てを諦め黙々と食事をしました。
どうしてこの匂いにこの値段を払わなければならないのか?どうしてここの社員はこの人を雇ったのか。色々思うことはありました。
しかし、本人や他の従業員の方に匂いについての文句を言う度胸はなかったのです。

 

ここまで書いてみると、なんだか私は自分を自信のある上から目線の嫌な奴と感じてしまいます。例えば少しオタクな見た目の人に安易に罪を被せようとするところなんて何様だ?という感じですよね。しかし、このワキガの匂いに関してだけは治外法権と言いますか、私自身人に言えるほど大層な人間なのか?なんて事はどうでもいいのです。
そう思ってしまうくらい、ワキガというのは重大な罪なのです。