脇汗対策は制汗剤でケアするのが賢い!

MENU

脇を清潔にして制汗グッズでワキガ対策

脇汗対策

自分の体臭は気にならないといいますが、ワキガは別です。自分でも気になります。一度袖を通した服には、必ず臭いが染みつきます。それを放置しておくと、洗濯しても臭いが取れない気がして、たとえ冬場であっても袖を通した服はこまめに洗濯するようにしています。ワキガの原因は脇の汗腺のひとつ、アポクリン腺から分泌される汗にあります。その汗が皮脂腺から分泌された脂肪分などと混じり合い、さらに皮膚上の常在細菌によって分解されて臭いを出します。独特な臭いなので、町でワキガの人とすれ違うとすぐにわかります。自分も周りの人に嫌な思いをさせているのではと思うと、つい敏感になってしまいます。脇を露出するような服や、吸収性に優れない生地の服は避けるようにしています。手術をして脇のアポクリン腺を除去する方法もありますが、医療費もかかりますし、なかなかそこまでの勇気は出ません。術後に再発したという話も聞きます。自分でできる対策として、一番はやはり制汗グッズの利用です。毎日入浴し、脇毛の処理をして、常に清潔に保つようにしています。汗をかいたらすぐにふき取ります。この汗が服に染みると、ワキガの臭いが強調されてしまうので、その前にきれいに拭き取って制汗剤を補います。ワキガの臭いに対して、とても神経質になっていますが、今はいい制汗グッズがありますし、暑い季節になるとそれらが店頭にずらっと並びます。昔は、ワキガ用のクリームなどを買っていると、「あの人ワキガなんだ」と思われるのではないかと気にしていました。今は制汗がひとつのエチケットという風潮になり、割と堂々と購入できるので助かっています。ワキガコンプレックスも、臭いと共に多少軽減させることができるようになりました。

 

大人になってからの脇汗デビュー

 

元々私は脇汗に悩むタイプではありませんでした。周りが脇汗に悩んでいても自分は何も関係ないと思っていた為ほとんど何も心配はしていませんでした。しかし、大人になり体質が変わってからは汗がかきやすくなり脇汗もかくようになり、臭いまで気にするようになりました。原因はやはり体質が変わったことで、1年間ダイエットをしたことが原因だと思います。ダイエットを経験した直後に汗をかくようになったので、その時から脇汗も酷くなった記憶があります。今では入浴後の脇汗、ちょっと暑いなと思った時ににじみ出てくる脇汗に悩んでいます。これから夏本番になるというのに今からこれでは夏にどういった対策をすれば良いか悩んでいます。何か対策はしなければなとは思っているのですが、残念ながら私は肌が弱い為なかなか制汗剤スプレーやシートなどは使用出来ないので何の対策も出来ないという辛い状況です。しかし、何か対策をとらないと外出時の脇汗が大変なことになる為今から少しずつ体質を変える為の努力をしています。規則正しい生活をすることと、あとはなるべく辛いものは食べないように気を付けています。元々辛い物は苦手でしたが夏になるとどうしても食べたくなるのですが、辛いものは発汗量をアップする原因にもなるので気を付けなければとは思っています。又、臭いについてはなるべく洗濯洗剤や柔軟剤などでカバー出来たらなと今は考えております。